JIRO MAKINO LAW OFFICE
JIRO MAKINO LAW OFFICE
 
Topics

2018.5.29  6月の企業法務研究会は、「民法改正・債権法改正について」です。

2018.5.2  5月の企業法務研究会は、「法廷傍聴」です。

2018.4.26 「GDPR対応無料セミナー第3回」の情報を掲載しました。

2018.4.23 「GDPR対応無料セミナー第2回」の情報を掲載しました。

2018.4.2  「GDPR対応無料セミナー」の情報を掲載しました。

2018.3.26 4月の企業法務研究会は、「GDPR対応と情報セキュリティ対策」です。

2018.3.16 「日本全国どこでも企業法務サービス」を開始しました。

2018.2.28 3月の企業法務研究会は、「プログラム著作権(財産的価値)について」です。

2018.1.30 2月の企業法務研究会は、「新しい世界の著作権問題など」です。

2018.1.24 EU「個人情報保護規制(GDPR)を踏まえた情報記録のあり方」セミナーの情報を掲載しました。

2018.1.17 「GDPR 日欧比較検討一覧表」を掲載しました

2017.12.5 月刊IM【連載】個人情報保護法改正からみる情報管理(第6回)が掲載されました。

2017.12.5 12月の企業法務研究会は、「システム開発紛争への対処方法」です。

2017.10.27 月刊IM【連載】個人情報保護法改正からみる情報管理(第5回)が掲載されました。

2017.9.29 月刊IM【連載】個人情報保護法改正からみる情報管理(第4回)が掲載されました。

2017.9.26 10月の企業法務研究会は、「個人情報漏えい緊急対応」です。

事務所紹介

牧野総合法律事務所弁護士法人は、法的紛争や課題に対し真摯に対応し、市民生活や事業活動に対して適切な法的支援を行っています。

詳細はこちら
主要業務

法律相談、企業法務、訴訟業務など、お困りごとがありましたら、まずは私たちにご相談ください。きっと解決の道があるはずです。

詳細はこちら
各種情報

講演・出版・執筆情報や、法律に関する役立つ情報提供を行っております。

 

詳細はこちら

所長ご挨拶

ついに5月25日からGDPR(EU一般データ保護規則)が施行されます。

対応の準備は進んでいるでしょうか?

 

私はこの5月にEU(イタリア)へ調査に行ってきましたが、実際に現地の専門家の話を聞くと、とても参考になります。

皆様に知っておいていただきたい重大ポイントを2つ、ここでご紹介します。

 

まず、EUでは、5月25日にGDPRが施行となるものの、実際の運用は6か月遅れるという話です。これは、各監督庁の登録、申請ページの準備が間に合わない等の理由で、結局GDPRは施行されるが、実際の運用、規制開始は6か月後になる、ということです。

 

次に、GDPRの制裁の恐怖から、慌ててGDPR対応をしている企業があるようですが、ご注意ください。特に、GDPRの英語版だけ見て、対応するのでは問題があります。取引のある国(EU加盟国)の定めたGDPR(フランス語版やイタリア語版など)を見るべきであり、さらに取引のある国のデータ保護法を見ておく必要があります。国家権力、刑事処罰権限はあくまでもその国家にあり、独自の登録制度も存在するなど、加盟国は、国家としてデータ保護規制を行っているのです。したがって、GDPRと各国法を見据えながら、対応する必要があります。

 

弊事務所では3回にわたりGDPRセミナーを実施し、こうした点をお伝えしてきました。

また、本年9月にはEUの弁護士を招いてGDPRセミナーを実施することとなりました。

EUの実情を把握し、正しい理解の下で、体制整備を進める必要があります。ぜひご参加ください。

 

GDPRはEUの規制ですが、今や全世界を巻き込んでいます。28カ国、約5億人の市場の力を背景に、こうした規制を実施するため、米国、スイスもプライバシーシールドという制度でEUに水準を合わせてきています。EUとの取引を望む国家は皆、こうした規制に標準を合わせつつあります。もはやGDPRは、EUだけの問題ではなく、全世界の新しい潮流となり始めているという現実を、しっかり見定めていかなければなりません。

 

弊事務所は、引き続きGDPRの最新情報を皆様に提供してまいります。

 

 

                             

 

 

2018年5月24日

牧野総合法律事務所弁護士法人

 

 

「日本全国どこでも企業法務サービス」も行っております